遮熱・断熱プラン
(10年保証)

portfolio

■遮熱塗料の特徴
遮熱塗料は、その名の通り熱を遮ってくれる塗料のことで、太陽光の紫外線や赤外線を反射させることによって建物自体の温度上昇を緩やかに抑える効果が期待できます。 遮熱塗料にも様々な種類があり、外壁以外に屋根や床などにも使われています。 この塗料自体、最近出来たものではなく以前からありましたが、わざわざ使おうと考える方は多くありませんでした。 しかし、近年大地震の発生が相次ぐ中で「節電」を意識する人が増え、遮熱塗料のニーズもそれに伴い増加していきました。

■遮熱塗料のメリット
遮熱塗料最大のメリットは何と言っても建物の温度上昇を抑えられるという点です。 夏場、エアコンをつけているのに効きが悪いと思われることはありませんか? エアコン自体に関係しているとも言えますが、外壁が熱くて建物自体の温度が上がってしまい、エアコンの効きが悪いと勘違いしてしまうこともあります。 エアコンの使用率が減る、エアコンの温度設定をもう少し高くすることもできるため、電力・電気代の削減にオススメです。 さらに夏場と言えども昼間は熱く、夜に涼しくなると、建物が膨張変化を繰り返すことによってヒビ割れを起こしやすいのですが、建物の温度上昇を少なくしてくれる遮熱塗料を塗っておけばそのような心配もありません。

■遮熱塗料のデメリット
遮熱塗料のデメリットとして、まず冬も紫外線を反射してしまうので遮熱効果によって屋内がかなり冷え込んでしまうことがあります。 ただ、窓にカーテンを1枚付けるだけで屋内の温かさを逃さずに済みます。 また白やシルバーといった外壁には遮熱塗装を行ってもほとんど効果は見られません。 白などは熱を反射する力があり、元々遮熱効果があると言えます。 クリームやグレー、濃いブラウン、黒に近い色だと遮熱効果もきちんとその威力を発揮することができるでしょう。